ホーム 会社概要/株式会社みうら 理念・挨拶 事業内容 住宅事業部 人事採用
会社概要

昭和 2年 創業 初代社長、三浦兵作
昭和 21年 三浦産業合名会社を設立
昭和 25年 系列会社富田海陸運輸鰍設立
昭和 26年 三浦産業合名会社と富田海陸運輸鰍フ両社を合併し、三浦産業鰍設立
昭和 31年 初代社長三浦兵作死去により、三浦和雄が社長に就任
昭和 32年 石灰石専用輸送船、東龍丸建造 その後、同船は就航2航海目に遭難
昭和 33年 日新製鋼且南製鋼所操業開始に伴い、木枠生産と梱包作業を開始
昭和 39年 現本社所在地の用地に新製材工場を建設 併せて、木材及びその関連事業に専念するため、海運業から撤退
昭和 55年 三浦和雄が会長に就任し、三浦義孝が社長に就任
昭和 56年 岩国工場を設立し、積水ハウス褐けのハウス部材生産開始
昭和 57年 徳地産業叶ン立 岩国工場の設備を移設し、積水ハウス且R口工場向けのハウス部材の生産及び東洋工業竃h府工場向けの自動車ノックダウン用部品梱包木枠生産を開始
昭和 61年 住宅事業部発足 「グリーンハウスみうら」として建設業へ新規参入
昭和 62年 トライウォール鰍ニ販売代理店契約を締結し、トライウォールパックの販売を開始 (H8年に解除)
昭和 63年 松下電工鰍フリファインショップとして「グリーンハウスみうら」を「リファインショップとくやま」へ移管し、ショウルームをオープン
昭和 63年 鋳銭司工場設立し、積水ハウス且R口工場向けの網戸加工組立、建築金物ピッキング作業の物流納入請負体制の確立
平成 元年 本社製材設備を撤去
平成 元年 リファインショップとして2店舗目の「リファインほうふ」オープン
平成 2年 住宅用内装建材分野へ参入 塗装用設備、導入
平成 4年 三浦産業鰍ニ徳地産業鰍合併し、株式会社みうらと改称
平成 5年 新田工場設立 販売部を本社より新田工場事務所に移管
平成 7年 在来木造住宅パネル工法開発
平成 8年 本州インターナショナル(現王子インターパック)と販売代理店契約を締結し、ハイプルエースの販売を開始
住宅部材直送便「だいらく君」の開発
平成 9年 一般貨物自動車運送事業許可 (撤退済)
平成 10年 木造住宅合理化システム「だいらく君」認定
倉敷物流デボ開始 (15年に撤退)
平成 11年 三浦義孝が会長に就任し、三浦敏裕が社長に就任
平成 12年 リファインショップとして3店舗目の「リファインくだまつ」オープン
オーダー家具生産開始
平成 13年 プレカット設備導入し、プレカットとパネル本格生産開始
平成 16年 本社工場にてISO14001の認証
平成 17年 中国での木材加工を本格スタート
平成 19年 「リファインとくやま」と「リファインくだまつ」を統合して、下松市に「リファインしゅうなん」OPEN
平成 20年 構造改革として、本社に内装材事業を集約、新田に梱包材事業と構造躯体事業を集約、徳地にハウスメーカー向け木材加工事業を集約。鋳銭司工場を閉鎖
平成 21年 防府市の防秋産業鰍ニプレカット事業において業務提携。
事業ブランド名「BMランバー」にてスタート
平成 21年 住友林業地震エネルギー・吸収パネル(GSパネル)製造開始。
平成 22年 「リファインほうふ」を山口市大内御堀に拡張・移転し、「リファイン大内みほり」オープン
平成 24年 中国工場「大連三浦建材有限公司」の設立